はじめてのつみきにおすすめ♪安全でやさしい国産材の積木。

赤ちゃんがはじめて触れる積み木は、舐めてもお口にいれても安心なことが絶対条件。

でも、それだけじゃ物足りないですね。はじめてふれる積み木は、やさしく赤ちゃんのこころの成長を助けてくれるような積み木がいい。

はじめてのつみきに国産の間伐材でできた『こっぱつみき』はいかがでしょうか。

ベッタの『こっぱつみき』は、赤ちゃんがはじめて触れる積み木にぴったりです。

国産の8種類の木の間伐材を3~5cm程度の大きさに切り、あかちゃんがお口にいれても大丈夫なように丁寧に面取りをしてつるつるに磨いた無塗装の積み木です。


こっぱ積み木の詳細・購入はこちら→Woody Betta【8種類の木】こっぱつみき(20個入)

こっぱつみきの素敵なところ

安全な3~5cmのおおきさ

3~5cmの赤ちゃんがのみこめない安心なおおきさのこっぱつみき

3~5cmの積み木は、赤ちゃんが飲み込めない大きさ。つるつるに磨いて角を丸く取ってあるのでささくれが赤ちゃんの柔らかい肌を傷つけたりしません。

安心の無塗装

積み木が塗装されていると赤ちゃんが積み木をお口に入れたときに塗装材が剥がれて赤ちゃんの体の中に入ってしまいそうですね。こっぱつみきは無塗装だから、その心配はいりません。

ひとつひとつ香りが違う

こっぱつみき

ひとつひとつ香りが違う積み木。すっきりしたさわやかな香りのくすのき、つーんとした山椒、ちょっと甘くてあたたかい香りのくるみ、などなど。

香りって目に見えないから軽く扱われがちですが、香りが脳に及ぼす影響は大きいそうです。嗅覚は一番本能的で大事な感覚なのだそうです。

最初にかぐ積み木の香りがプラスチックや塗装材の香りではなくやさしい色々な木の香りだったら、それだけでその子の未来が素敵になりそうですね。

ひとつひとつ形が違う

こっぱつみき

こっぱは“木っ端”と書きます。字の通り、木のはしっこを使って作られた積み木なので、ひとつひとつ形が違います。

形が違うと、大人でも遊びながらいっぱい色々考えます。
“こっちの三角よりこっちの三角のほうがやねっぽく見えるかな”
とか、
“この四角はこの長いのと組み合わせたほうが煙突っぽいかな”
とか。

赤ちゃんの脳みそも遊びながらがフル稼働しているはず。どんなことが赤ちゃんの頭の中で考えるとわくわくしますね。

ひとつひとつ色が違う

こっぱつみき

塗装したカラフルな色の積み木にはないちょっとづつの色の違い。同じ種類の木からできた積み木でも微妙に色が違うんです。

こっぱ積み木の詳細・購入はこちら→Woody Betta【8種類の木】こっぱつみき(20個入)

amazonや楽天市場でも購入できます。

つみきとして使わないときは

赤ちゃんが産まれてから積み木で遊べるようになるまで、あるいは積み木遊びを卒業してから、こんな使い方はいかがでしょう?

こっぱつみきを積み木として使わないときは

ディスプレイとして、または芳香剤がわりに。やさしい木の香りを楽しんでくださいね。

赤ちゃんの未来と日本の森を守るWoody Betta 特集

関連のある記事:

  1. 出産祝いで赤ちゃんの未来を守る。~Woody Betta~
  2. 長く飽きずに遊んでもらえるおもちゃ、木のつみき
  3. 赤ちゃんの安全対策♪頭を打つのを防止してくれるぬいぐるみ(動画あり 29秒)
  4. ひのきの香りに包まれてお風呂であそべる“おふろでちゃぷちゃぷ”
  5. 安全で可愛いがぎゅっと詰まった『ベイビーボックス』
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク