ベッタの哺乳びんでおなじみ『株式会社ズーム・ティー』オフィスにおじゃましてきました。

私の一番のお気に入りベビーグッズは『ベッタベビーストア』のベビーグッズ。こどもが赤ちゃんのころに戻れるなら全部ベッタでそろえたい!デザインが可愛いし、赤ちゃんとママの心と体の健康を考えて作られていてとても素敵です。

ベッタの哺乳びんでおなじみ『株式会社ズーム・ティー』オフィスにおじゃましてきました。

好きが高じて、“どんな人たちがベッタのベビーグッズを作っているのだろう?”と気になって気になって、ベッタのベビーグッズを企画・制作・販売している『株式会社ズーム・ティー』のオフィスを訪問しました。

ひとりでお邪魔するのはもったいないので、サイト運営しているお友達に声をかけ、ちびっこ育児の体験日記のキティさん、子育て家族のおかいもののかずにぃさん、mina-blogのminaさんと一緒におじゃましましたよ。

“ベッタの哺乳びん”の写真が額縁に入れて飾られていました。商品への深い愛を感じました。



ベッタベビーストア(株式会社ズーム・ティー)

海外の会社?いえいえ日本の会社です。

河合とも子取締役はベッタのガラス瓶を製造している“有限会社奥谷硝子製作所 奥谷 吉男代表取締役”とともに商工会議所の『第7回勇気ある経営大賞 特別賞』に選ばれています。

価格競争に流されず、赤ちゃんの健康を第一に考えた商品を研究、開発し続ける姿勢が高く評価され続けています。


『株式会社ズーム・ティー』オフィス

ズームティオフィス

『株式会社ズーム・ティー』オフィスは、青山にあるマンションの1室。スタッフの方みなさん笑顔で迎えてくださいました。明るくて綺麗な可愛いオフィスです。

玄関の置物

玄関においてある置物。イギリスの絵本の挿絵みたいで素敵です。

国産なのに英語?

ベッタの哺乳びんはアメリカの小児科医が考えたもので、この絵はそのころのものだそうです。

グッドデザイン賞の盾

2006年度グッドデザイン賞を受賞したときの盾ですね。

女性企業家大賞 最優秀賞の盾

ベッタのデザイナーでありプランナーでもある河合とも子社長は“女性企業家大賞 最優秀賞”なさっているそうです。河合社長ってどんな方なんだろうと検索してみたらこんなブログの記事が見つかりました。

ベッタの哺乳びんは、中耳炎に苦しんできたお嬢様への思いから作られた哺乳びんだったのですね。すごいなあ母の愛って。

応接室に挨拶に来てくださった河合社長は美しくてとても優しそうな方でした。またお会いしたいです。

初代の不思議な哺乳びん

ベッタ哺乳びんのもととなった、ポリカーポネート製の哺乳びんです。ポリカーポネートの原料が環境ホルモンとして人体に影響を及ぼすという説があり、今はポリカーポネート製の哺乳びんは発売されてないそうです。

現在の不思議な哺乳びん(の蓋)

そして現在のベッタ哺乳びんは蓋まで可愛く進化しています。進化した哺乳びん達はこちら

ところでこの子たちは?

ベビーカーの上の可愛いこの子たち。可愛いぬいぐるみに見えるけれど実は・・・?続きは次の記事で。

No related posts.

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク